ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 雇用均等関係 > 法令・制度 > 平成26年7月1日改正セクハラ防止指針が施行されました!
各種法令・制度・手続き

 

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

平成26年7月1日改正セクハラ防止指針が施行されました!

 平成26年7月1日より、事業主が職場におけるセクハラ対策として講ずべき
措置を定めた指針が改正されました。

 

■主な改正内容

次の(1)~(3)を明示したことと(4)の追加です。

 

<明示>

(1)女性→女性 男性→男性も対象
 職場におけるセクハラには同性に対するものも含まれます。


(2)「男のくせに根性が無い」「女には仕事を任せられない」「女の子、男の子」
 セクハラ発生の原因や背景には性的役割分担意識に基づく言動があると考えら
れますので、こうした言動をなくしていくことが防止対策として重要です。


(3)相談対応は、早めに!幅広く!
 「幅広く」には、放置すれば就業環境を害する場合や、性別役割分担意識に基づく
言動が原因となってセクハラが生じるおそれがある場合への対応も含まれます。

 

<追加>

(4)事業主の義務の1つ「「当事者に対する適正な措置の実施」を、「被害者に対する

事後対応の措置」と「行為者に対する措置」に分け、被害者に対する措置の例として

「被害者の労働条件面での不利益の回復」、「管理監督者又は事業場内産業保健

スタッフ等による被害者のメンタルヘルス不調への相談対応」を追加。

 

■法に基づく事業主の義務10項目とは?
 セクハラがあってはならない旨の事業主の方針の明確化と周知・啓発、相談窓口の設置、

セクハラが生じた場合の事実関係の迅速かつ正確な確認、プライバシー保護等の項目が

事業主に義務づけられています。 ※詳しくはこちら

  

この記事に関するお問い合わせ先

雇用環境・均等室(指導担当) TEL : 0776-22-3947

このページのトップに戻る

  

   

 

福井労働局 〒910-8559 福井市春山1丁目1番54号 福井春山合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Fukui Labor Bureau.All rights reserved.